カテゴリー:その他

クリスマスは、脂肪を燃やせ

クリスマスは、脂肪を燃やせ

クリスマスを前に、 またまた「火遊び人」となってしまった。

 もう、何年も前の沖縄シーカヤック旅での話。  無人島に停泊を決めた夜のことだ。  その夜は、新月で真っ暗だった。そして、風もなかった。  ぼくと伊東画伯(伊東孝志)は、貝殻にオリーブオイルを入れ、ランプを作ったのだった […]

続きを読む »

石窯と暮らしたい!

石窯と暮らしたい!

キャンプ場の石窯のまわりには、いつも人が集まってくる。 石窯の蓋を開けるたび、幸せが広がっていく!

 石窯を造ったら、食べる番である。  この夜のために、数々の重労働に耐えてきたのだ。働いたものは、食えるのだ。  というわけで、キャンプ場の管理人・大ちゃんがいろんな料理を作ってくれた。大ちゃんは、管理人でもあるんだけど […]

続きを読む »

「ニュー・ホットサンドメーカー」は、柄が木になった!

「ニュー・ホットサンドメーカー」は、柄が木になった!

おなじみ(ほ)のホットサンドメーカーが、 気になるマイナーチェンジ。

 数年前、テンマクデザインとぼくがコラボレーションして作った『マルチ・ホットサンドメーカー』が、今年マイナーチェンジした。  グリップを木にしたのだ。  これでグリップ部が軽くなり、バランスがよくなった。  そう。いまま […]

続きを読む »

『インディアンストローク』用SUPパドルを作ってみた

『インディアンストローク』用SUPパドルを作ってみた

SUPを旅の道具と考えると、わが手足の延長となるパドルが欲しくなった。 そこで、ホワイトアッシュの一枚板を削ることにしたのだ。

 カヤックやカヌー、スタンドアップパドル(SUP) に乗るとき、僕にとってパドルがいかに重要かという話は、だいぶ前に書いたとおりだ。 *「Paddle Your Own Canoe」と題した、2015年9月16日のこのB […]

続きを読む »

パドリングの妙技『インディアンストローク』

パドリングの妙技『インディアンストローク』

カヌーもSUPも『インディアンストローク』! オープンデッキカヌーのトラディショナルなパドリングを紹介!

 オープンデッキカヌーは、ダブルパドルで漕ぐカヤックと違い、シングルパドルで漕ぐ。 (オープンデッキカヌーは、日本ではカナディアンカヌーと呼ばれているが、アメリカやカナダでは、単にカヌーとかオープンデッキカヌーと呼んでい […]

続きを読む »

春の雪山と地形図の素敵な関係

春の雪山と地形図の素敵な関係

地図は素敵な読み物だ。 地形図を眺めていると、春の雪山を徘徊したくなってくる。

 3月に入ると、「うずうず」してくる。  花粉で「むずむず」ではない。  多くの人たちが春の気配を感じ、雪遊びのことを忘れだすころ、僕はテレマークスキー板を眺めながら、「どこへ行こうかな」と考えはじめるのだ。  スキーシ […]

続きを読む »

「不便を愉しむ旅」のすすめ

「不便を愉しむ旅」のすすめ

わが新刊『一人を楽しむ ソロキャンプのすすめ』(技術評論社)が、発売される。 というわけで、みなさんよろしく!

 2017年3月9日、『一人を楽しむ ソロキャンプのすすめ』(技術評論社)という本が発売になる(本体1480円+税)。  なんのことはない、僕が書いた新刊である。  そこで今日は、「著者みずからが自分の本を紹介する」とい […]

続きを読む »

整理整頓が苦手な男の、吊り下げ収納術

整理整頓が苦手な男の、吊り下げ収納術

物置を作ったものの、道具類をどうやって収納するか……。 そんなこんなに頭を悩ませている新年早々なのだ。

 物置(僕は『BIG PINK』と呼んでいる)へのグッズ収納に頭を悩ませている日々が続く。  いろんなものが、かさばってかさばってしょうがないのだ。  すぐに、物置がいっぱいになってしまいそうなのだ。  以前は部屋の中で […]

続きを読む »

火遊び好きが作った『ヤカン』

火遊び好きが作った『ヤカン』

ときどき、無性に使いたくなるグッズがある。 ケリーケトルだ。 火が恋しい季節になったので、久しぶりにわが物置からこのヤカンを引っぱり出してみた。

『ケリーケトル』という、へんな『ヤカン』がある。 見た目は縦長の円錐形で、牛乳を運ぶ容器のようだ。 下にファイヤーベース(小さな焚き火台のようなもの)があり、ヤカンはまん中が筒抜けになっている。この筒抜けが、煙突の役目を […]

続きを読む »

世界一暗いライトと、倍率の低い双眼鏡

世界一暗いライトと、倍率の低い双眼鏡

ふたつの不思議な外遊び道具を手に入れた。 うっかりものの僕は、またまた、夜遊びに目覚めてしまったのだ。

「これ、世界一暗いライトなんです」と、ビクセン社長の新妻和重さんが唐突にいう。 「えっ?」  LED全盛の昨今、ヘッドライトをはじめとする携帯ライトは、「明るさが売り」の製品ばかりである。  そんな時代に、「暗さが売り」 […]

続きを読む »