カテゴリー:道具考

「手仕事日本」と呼びたくなる柿渋染め体験

「手仕事日本」と呼びたくなる柿渋染め体験

倉敷市児島の染め工場で、「染めて、絞って、干して」を6回繰り返すことで、このジャケットが生まれてきた。 染め工程は、すべてが手作業だ。

柿渋染めコート「“柿渋” Ramblin’ Jack Jacket(ランブリンジャック・ジャケット)」を、着て歩く毎日だ。 着て歩くだけではない。わが家に届いた当初は、部屋でもずっと着てたし、寝るときも着よう […]

続きを読む »

~ Ramblin’ Jack Jacket ~ 転がり続けるためのジャケットができあがった

~ Ramblin’ Jack Jacket ~ 転がり続けるためのジャケットができあがった

「旅するジャケット」ができた! いつも風が吹いているジャケットが欲しかったのだ。

テンマクとのコラボレーションで、「旅するジャケット」ができあがった。 名前は、『Ramblin’ Jack Jacket(ランブリンジャック・ジャケット)』。 さすらい(ランブリン)のジャック・ケルアックを気取って、現代 […]

続きを読む »

南アルプスの宝玉イワナ

南アルプスの宝玉イワナ

少年の目をした三人が、渓流を歩く。 テンカラロッドを手に、ぼくたちは野呂川を遊びつくしたのだ。

「ここなら、ぜったい間違いないです!」と、太郎。 「ぜったい?」と、わたくし。 「ぜったいです。この川には、『ぜったい』イワナがいます!」 春の胸騒ぎから、早4か月。 夏本番となり、いよいよ山岳渓流へと出かける日がやって […]

続きを読む »

いい夢が見られそうなグッズが、ここにはある(ユニフレーム工場探訪記・後編)

いい夢が見られそうなグッズが、ここにはある(ユニフレーム工場探訪記・後編)

地味だけど、味がある。 ユニフレームのぶれない姿勢が生む、人気商品の数々。

「この町の職人さんは、くせ者ばかり。ひそかに『燕ラストサムライ』と、ぼくらは呼んでます」と、ユニフレーム事業部の事業部長・田瀬明彦さん。 頑固な職人気質のラストサムライと、日々つきあいながら、商品を作り続ける。 職人の確 […]

続きを読む »

ユニフレームの冒険(ユニフレーム工場探訪記・前編)

ユニフレームの冒険(ユニフレーム工場探訪記・前編)

燕三条と聞けば、「もの作りの町」という言葉が浮かぶ。 ユニフレームと聞けば、「焚き火の炎」が目に映る。

ユニフレームの商品を眺めていると、焚き火道具が多いことに気がつく。 男は、いくつになっても「火遊び」が好きなんだな。 (いまの時代、「男」とか「女」とか決めつけると、なにかとうるさい人もいるけど、ま、そこんところは、どう […]

続きを読む »

大都会にたたずむ100年の森

大都会にたたずむ100年の森

『明治神宮』といえば、初詣の参拝者がいちばん多いことで有名だ。 春のある日、大都会にある明治神宮の森を歩いてみた。

東京に住む人なら、だれもが知っている『明治神宮』。 初詣で訪れた人もいるはずだ。また、七五三や結婚のお祝いを、ここでやったという人も多いだろう。 この明治神宮を囲む森を、歩いてみた。 この森は、人間が作ったものだ。 10 […]

続きを読む »

「胸騒ぎ」の春は、テンカラフィッシング

「胸騒ぎ」の春は、テンカラフィッシング

気持ちざわつく春がやってきた。 テンカラ釣り最盛期まで、もうちょっとの辛抱だ。

啓蟄を過ぎたと思ったら、一気に春めいてきた東京だ。 サクラも満開。 夜中にはネコが妙な声で鳴くし、土手にはツクシが顔を出しはじめたし。 街を歩くと、上着を脱いだ人の姿に、なにやら「胸騒ぎ」の春である。 川の中も同じだ。 […]

続きを読む »

これらの靴とも、とことんつきあうことにした

これらの靴とも、とことんつきあうことにした

春の訪れとともに、ブーツを磨く。 また新しい旅がはじまるのだ。

またまた、ぼろぼろの現役選手の話だ(あしからず)。 ダナーのブーツ、2足。 ダナーライトと、マウンテンライトだ。 このふたつの靴とともに、ぼくはいくつもの山を歩いてきた。 アラスカやアメリカ・ロッキーの山脈、それにニュー […]

続きを読む »

『HOOKY匠鞄工房』で、夜なべして

『HOOKY匠鞄工房』で、夜なべして

わが部屋をミシン工房にした。 それからというもの、ミシンを前に職人気取りの日々なのだ。

昨年の秋から、ひょんなことでミシンに夢中だ。 発作的に、ごっつい帆布や革を使ったバッグを作りたくなったのだ。 そこで、メイド・イン・山形の「ベビーロック/エクシムプロ EP9400LS 極(きわみ)」というミシンを買った […]

続きを読む »

今年も、手仕事に夢中!

今年も、手仕事に夢中!

「年が明けてから修理の日々である」と前回に書いた。 が、修理だけではなく、じつは手仕事でもの作りの日々なのだ。

 友人のまじ(真島辰也)さんは、なんでも自分で作ってしまう。  大きなものは、たとえば家。それに小物なら、革や布でバッグやケース。服までも。  コーヒーの焙煎も自分でする。はたまた、アップルパイまでも作ってしまうのだ。 […]

続きを読む »