カテゴリー:キャンピング

6月8日(土)~9日(日)は、長瀞で『ムササビの夜』

6月8日(土)~9日(日)は、長瀞で『ムササビの夜』

今夏は、長瀞で開催。 日本各地で、『ムササビの夜』ができるといいな。

初夏の長瀞で、『ムササビの夜』をやることにしました。 タープ「ムササビウイング」が、テンマクより復刻されて、早8年。 多くの人がこのタープを気に入ってくれ、各地で張ってくれています。 どうもありがとう。 そこで、「ムササ […]

続きを読む »

いい夢が見られそうなグッズが、ここにはある(ユニフレーム工場探訪記・後編)

いい夢が見られそうなグッズが、ここにはある(ユニフレーム工場探訪記・後編)

地味だけど、味がある。 ユニフレームのぶれない姿勢が生む、人気商品の数々。

「この町の職人さんは、くせ者ばかり。ひそかに『燕ラストサムライ』と、ぼくらは呼んでます」と、ユニフレーム事業部の事業部長・田瀬明彦さん。 頑固な職人気質のラストサムライと、日々つきあいながら、商品を作り続ける。 職人の確 […]

続きを読む »

ユニフレームの冒険(ユニフレーム工場探訪記・前編)

ユニフレームの冒険(ユニフレーム工場探訪記・前編)

燕三条と聞けば、「もの作りの町」という言葉が浮かぶ。 ユニフレームと聞けば、「焚き火の炎」が目に映る。

ユニフレームの商品を眺めていると、焚き火道具が多いことに気がつく。 男は、いくつになっても「火遊び」が好きなんだな。 (いまの時代、「男」とか「女」とか決めつけると、なにかとうるさい人もいるけど、ま、そこんところは、どう […]

続きを読む »

クリスマスは、脂肪を燃やせ

クリスマスは、脂肪を燃やせ

クリスマスを前に、 またまた「火遊び人」となってしまった。

 もう、何年も前の沖縄シーカヤック旅での話。  無人島に停泊を決めた夜のことだ。  その夜は、新月で真っ暗だった。そして、風もなかった。  ぼくと伊東画伯(伊東孝志)は、貝殻にオリーブオイルを入れ、ランプを作ったのだった […]

続きを読む »

ケリーケトル『孫』で、淹れるコーヒー

ケリーケトル『孫』で、淹れるコーヒー

日課になってしまった朝の「火遊び」。 優雅なときを過ごせる道具を、手に入れたのだ。

 容量600ccの、小さなケリーケトルを手に入れた。  それからというもの、これでお湯を沸かし、コーヒーを淹れている。  おかげで、15分だけ早起きになった。 「ケリーケトルってなんぞや?」という人は、一年ほど前、ここに […]

続きを読む »

石窯造りに明け暮れた日々

石窯造りに明け暮れた日々

グルメもグルマンも目を丸くして集まってくる。 そんな石窯を造りたかった……

 グルメ(美食家)ではないけど、やっぱり、おいしいものを食べたい。  グルマン(大食漢)でもないけど、できれば、いっぱい食べたい。  が、自分でおいしいものを作る自信はない。  ぼくとしては、おいしいものを作りより、作っ […]

続きを読む »

四万十川パドル旅「漂えど、沈まず」

四万十川パドル旅「漂えど、沈まず」

日本代表の川へ、SUPとカヌーをもって出かけてきた。 川下りキャンプは、川遊びの王道なのだ。

「まだまだ、立つ!」といって、2年が過ぎた。  SUP(スタンドアップパドル)での川下り記事をここに書いたのが、2年前の夏だったのだ。 ◆2015年7月22日更新の『SUP事始め、てんやわんや』は、こちら。  海や湖を歩 […]

続きを読む »

『インディアンストローク』用SUPパドルを作ってみた

『インディアンストローク』用SUPパドルを作ってみた

SUPを旅の道具と考えると、わが手足の延長となるパドルが欲しくなった。 そこで、ホワイトアッシュの一枚板を削ることにしたのだ。

 カヤックやカヌー、スタンドアップパドル(SUP) に乗るとき、僕にとってパドルがいかに重要かという話は、だいぶ前に書いたとおりだ。 *「Paddle Your Own Canoe」と題した、2015年9月16日のこのB […]

続きを読む »

燃える男の燃えない夜

燃える男の燃えない夜

燃えにくい素材を使うことで、焚き火との距離が近くなる。 そんなアイテムと夜を過ごす。

 東京では桜も見ごろ。汗ばむほどの春の陽気だ。 「桜は満開もいいけど、つぼみもいいし、散ったあとも風情があるな」と、もともと浮かれ気味の僕は、ビール片手にますます浮足立った日々を送っている。  そんなある日。山あいの簡素 […]

続きを読む »

カヌーと旅する「インディアンバスケット」

カヌーと旅する「インディアンバスケット」

ネイティブアメリカンが、カヌーに載せていたバスケットがある。 その伝統を引き継ごうと、多くのカヌーイストたちは、このバスケットをカヌーへ放り込み旅をした。

 インディアンバスケットという「籠」が好きだ。  ここでいうところのバスケットは、おしゃれな小物入れじゃなく、ネイティブアメリカンたちがカヌーに載せて使っていたものだ。  何世紀も前の、アメリカ大陸北東部での話だ(カナダ […]

続きを読む »