カテゴリー:野外考 

テンカラロッドを手に、川へ浸透してみれば……

テンカラロッドを手に、川へ浸透してみれば……

フライフィッシングができるなら、テンカラ釣りはかんたんだ。 てな言葉に乗せられて、夏の終わりに山深い渓流へ。

「釣り」という遊びは、不思議だ。  人類最古の遊び、ともいわれている。  でも、それは「遊び」だったのか「漁」だったのか……。 「漁」と考えるか「遊び」と思うかはともかく、実益を得ることもできる「遊び」、というのはあまり […]

続きを読む »

四万十川パドル旅「漂えど、沈まず」

四万十川パドル旅「漂えど、沈まず」

日本代表の川へ、SUPとカヌーをもって出かけてきた。 川下りキャンプは、川遊びの王道なのだ。

「まだまだ、立つ!」といって、2年が過ぎた。  SUP(スタンドアップパドル)での川下り記事をここに書いたのが、2年前の夏だったのだ。 ◆2015年7月22日更新の『SUP事始め、てんやわんや』は、こちら。  海や湖を歩 […]

続きを読む »

こいつら、「ふつう」じゃない!

こいつら、「ふつう」じゃない!

京都北部の綾部市に『夢のなかの家事』というカフェがある。 へんな家族が営んでいる心休まる場所だ。

 7年ほど前のこと。  京都市百万遍路地裏の不思議な空間に、古いフォルクスワーゲンのバスが停まっていた。その緑色のフォルクスワーゲン・タイプⅡのキャンパーは、ブリトー屋だったのだ。  メキシコ料理が大好きな僕は、迷わず、 […]

続きを読む »

夜越山で、雪遊び

夜越山で、雪遊び

雪に覆われたウラヤマを歩くと、アニマルトラック(動物の痕跡)に囲まれる。 それらをじっと眺めていると、雪原を闊歩する生き物たちの息吹が聴こえてくるのだった。

 青森県東津軽郡平内町に、夜越山という山がある。  標高は175m。「丘」と呼ぶほうがいいかもしれないけど、海からすぐに位置するので、独立峰のように目立っている。立派な山なのである。  町営のスキー場もあるが、県内の人に […]

続きを読む »

2016「ホットサンド・ワールドカップ」at おじか

2016「ホットサンド・ワールドカップ」at おじか

立派なレシピ本ができそうなホットサンド各種が並ぶ。 ますますグレードアップの「ホットサンド・コンテスト」なのだ!

 今秋の『ムササビの夜』でも、恒例の「ホットサンド・コンテスト」を開催した。 「ワイルドフィールズおじか」での『ムササビの夜』は5回目。  5回目を迎え「ホットサンド・コンテスト」はますますヒートアップしていくのだ。   […]

続きを読む »

男鹿高原の秋を遊ぶ

男鹿高原の秋を遊ぶ

今年も秋の男鹿高原で、『ムササビの夜』が開催された。 二日目の午前中は、自然を覗き歩くショートトレッキングを!

野生(ワイルドライフ)がこれほど身近にあるキャンプ場が、ほかにあるだろうか。先の週末、『ムササビの夜』イベントで、栃木県男鹿高原の「ワイルドフィールズおじか」へ行ってきた。キャンプ場へ入るとすぐに、シカの鳴き声が聞こえて […]

続きを読む »

おいしいものを、おいしく食べたい!

おいしいものを、おいしく食べたい!

ゴミ箱へゴミを捨てた瞬間から、そのゴミへの関心がなくなる。 ほんとうにそれでいいのだろうか……

『ゴミのような男』と、いわれたことはないか?ま、社会に背を向けて生きていれば、それもしょうがない。僕のことをそんなふうにいった人は、先見の明があるということだろう。そんな『ゴミのような男』が、ゴミのことを語るのは心苦しい […]

続きを読む »

青森県夏泊半島の秋

青森県夏泊半島の秋

日本には、まだまだ素敵な場所がある。 夏に知った半島の、秋はどんな様子だろうか。

 青森県の半島といえば、鉞(まさかり)に似た下北半島とその西に位置する津軽半島しか思い浮かばない人が多いと思う。  僕も、最近まではそうだった。これは、下北半島と津軽半島のその形が、あまりにも強烈な個性をもっているからし […]

続きを読む »

シーカヤックは、どうしてフリーダムマシーンと呼ばれるのか

シーカヤックは、どうしてフリーダムマシーンと呼ばれるのか

カナダでは、シーカヤックのことを『フリーダムマシーン』と呼ぶ人がいる。 カヤックに乗ると、僕はいつもその言葉を思い描く。

 南の島で寝転んでいると、世のよしなしごとなどどうでもよくなってくる。  おっと……。  前回と同じ書き出しになってしまったではないか。  ま、それほど能天気な日々が続いているということだ。  が、シーカヤックに生活道具 […]

続きを読む »

シーカヤック旅と焚き火の素敵な関係

シーカヤック旅と焚き火の素敵な関係

南の島で寝転んでいると、世のよしなしごとなどどうでもよくなってくる。 しかも、そこに焚き火あればなおさらだ。

 僕は、いまだ地面にじかに焚き火をしたいと思っている「不埒」な人間である。焚き火台など使わずに。  いや、もちろんわかっているよ。それがどういうことか、ってことは(わかっているつもりだけかもしれないけど……)。  いまや […]

続きを読む »