ケリーケトル『孫』で、淹れるコーヒー

ケリーケトル『孫』で、淹れるコーヒー

日課になってしまった朝の「火遊び」。 優雅なときを過ごせる道具を、手に入れたのだ。

 容量600ccの、小さなケリーケトルを手に入れた。  それからというもの、これでお湯を沸かし、コーヒーを淹れ […]

 容量600ccの、小さなケリーケトルを手に入れた。
 それからというもの、これでお湯を沸かし、コーヒーを淹れている。
 おかげで、15分だけ早起きになった。

「ケリーケトルってなんぞや?」という人は、一年ほど前、ここに書いたこの記事を読んでくださいな。
*火遊び好きが作った『ヤカン』(2016.12.15)

写真左が、ケリーケトル『孫』/トレッカー0.6L(ステンレス)。容量600cc。 右は、何年も使ってきた『おじいちゃん』1.6L。 イギリスのフィッシャーマンたちに、古くから愛用されてきた、という。

写真左が、ケリーケトル『孫』/トレッカー0.6L(ステンレス)。容量600cc。
右は、何年も使ってきた『おじいちゃん』1.6L。
イギリスのフィッシャーマンたちに、古くから愛用されてきた、という。

 前日に散歩がてら近くの林で集めた枯れ枝を、「ぽきぽき」折る。
 いっしょに拾ってきた松ぼっくりも、ケリーケトルのファイヤーベース(小さな焚き火台のようなもの)に放り込んで火をつける。
 お湯が沸くまでは、コーヒー豆を「こりこり」と挽く時間だ。
 ほんの3分もあればひとり分のお湯が沸くので、のんびり「こりこり」やってるわけにはいかない。
 ここからのドリップするルーティンは、以前といっしょ。

専用の収納袋が付属されているが、ぼくはこんなケースに入れて持ち運んでいる。右の『おじいちゃん』用のケースは、友人のまじさん(真島辰也)作。

専用の収納袋が付属されているが、ぼくはこんなケースに入れて持ち運んでいる。右の『おじいちゃん』用のケースは、友人のまじさん(真島辰也)作。

 いままではガスでお湯を沸かしてコーヒーを淹れていたが、焚き火で沸かすお湯は、遠赤外線か、ポリフェノールか、ボラギノールか、なんかわらない「やつ」がじわじわとにじみ出て、とにかくおいしいのである。
 いまだに、古い薪窯を使ってうどんを茹でている「山内うどん」のおばちゃんも、言っていた。
「うちは、薪でうどんを茹でるからおいしいんや」と。
「山内うどん」は、香川県仲多度郡まんのう町にある、ぼくが大好きなうどん屋さんだ。

おかげで、「おじいさんは、山へしばかりへ」が、日課になってしまった。

おかげで、「おじいさんは、山へしばかりへ」が、日課になってしまった。

 そもそも、軍隊のように炎が整列しているガス器具や、炎も見えないIHで沸かすお湯には、夢がないじゃないか。
 ほんとうの味は違わないのかもしれないけど、ぼくは、薪で沸かしたお湯がうまい、とぜったい的に信じている(「山内うどん」のおばちゃんも、言っているように)。

上昇気流が起きやすい煙突効果で、燃焼効率がいい。片手で握ることができるほどの数本の細い枯れ枝があれば、お湯が沸く。

上昇気流が起きやすい煙突効果で、燃焼効率がいい。片手で握ることができるほどの数本の細い枯れ枝があれば、お湯が沸く。

 20年以上使っているケリーケトル『おじいちゃん』と、ちびケトル『孫』(と、勝手に命名)のふたつは、ますますわが「火遊び」を助長する。
 もちろん、おじいちゃんも現役だ。
 冬の低山を、このケリーケトル『孫』とともに歩いてみようかな。
 となると、ウェアやバックパック、靴などの装備は、コットンやウール、革の自然素材だけにしよう。
 アンプラグドな山旅が、できそうだな。

 ケリーケトル『孫』とコーヒーセットをコットンのバックパックへ放り込んで、「冬の低山アンプラグド旅」へ出かけようかな。


ケリーケトル『孫』とコーヒーセットをコットンのバックパックへ放り込んで、「冬の低山アンプラグド旅」へ出かけようかな。