星に想いを寄せる夜

星に想いを寄せる夜

関東では、空が美しい季節がはじまる。 そんなある日、『星を見せる』会社を訪ねてみた。

天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、ルーペなどの光学機器メーカーとして創業66年を迎える株式会社ビクセンが、なにやら「 […]

天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、ルーペなどの光学機器メーカーとして創業66年を迎える株式会社ビクセンが、なにやら「楽しそうな『外遊び道具』を作っている」といううわさを聞いたので、さっそく遊びにいってきた。
 「星を見る人と、外遊びをする人は違う人たち。その間に風穴をあけたかった。相互交流が起こると、新しいものがはじまる」と、社長の新妻和重さん。
「『天体メーカーが考えるとこうなる!』という『外遊び道具』を作りたいんです。革命は、まさにそこにある」というわけだ。
 さらに、「われわれは『星を見せる会社』でありたい、と思っているんです」と、新妻さん。

この人が、ビクセンのアイデンティティ。社長の新妻和重さん。毎週のように山へ行く、という。「自分が経験しないと社員に『やれ!』と言えない」と、実践から商品を開発していく。

この方が、ビクセンのアイデンティティ。社長の新妻和重さん。毎週のように山へ行く、という。「自分が経験しないと社員に『やれ!』と言えない」と、実践から商品を開発していく。

そんなビクセンでは、「宙(そら)」をテーマに、いくつも商品開発が進められている。
光学機器メーカーとしては、異色の商品ラインナップなのだ。
たとえば、夜空をテーマにしたステーショナリー。
日記帳には、月齢を書き込む欄があり、途中には太陽系惑星のコラムが。
薄くて軽いアルミ定規は、太陽系惑星の距離を15cmに置き換え土星までのイラストが並んでいる。 定規上に惑星の距離感が再現されているので、「水・金・地・火・木・土」と見て、思わず「へぇー」と感心してしまう。この定規を見るまで、惑星の距離感を意識したことはなかった。
商品ラインナップでの驚きは、ステーショナリーだけではない。
帆布のトートバッグや防水断熱のネオプレーン素材のシートは、天の川と夏の星座と満月が反射材でプリントされている。
そして、寝転がって宙(そら)を眺めるためのコット。
底に満月がデザインされているシェラカップ(まもなく発売)も。

これにビールを入れると、月面を眺めながら飲むことができる!

これにビールを入れると、月面を眺めながら飲むことができる!

 

このマットに寝転がって、星空を眺めたい。

このマットに寝転がって、星空を眺めたい。

また、「コケ観察セット」なるものも。
高倍率で見口の広いメタルのルーペと、スプレーボトル、それにコケ観察ガイドブックなどがセットになっている。
コケは根がなく身体全体で水を吸収するので、乾いたコケに水をかければ、たちまち元気になるコケの様子を観察することができる。そのためのスプレーボトルだ。
しかも、コケに最適量の水が噴射できるようノズルに、「これでもか!」とこだわった。
スプレーメーカーの協力を得て、コケを観察するためにベストなスプレーボトルをわざわざ採用した、という。
光学機器メーカーとしてルーペへのこだわりはわかるが、どうしてスプレーボトルにそこまで……。
さらには、ガイドブックがつく。
コケ観察の基本と、さまざまなコケが図鑑のように並んでいる。こうした内容が、水に強いストーンシートにプリントされている。
「自然の中で遊ぶための道具は、取扱説明書よりガイドブックこそが重要」と、読み物としても楽しい、しっかりした内容だ。
『星を見せる』姿勢は、『足もとの星』である地球をもじっくり見てもらおう、と働きかける。
そうした話を聞きながらグッズを手にすると、物欲心がうずくなぁ。

いや。物欲心だけではない。
「もの作り」の心も燃えてくるのだ。
「くだらない」とか「無駄だ」と思われることにこだわる心意気!
 だれも気がつかない小さなところに、全身全霊で挑むその姿!
 僕はそれを、「世界でいちばん美しい行為」と思っている。

これが、アウトドア女子に人気の『コケ観察セット』。足もとの星である地球を、マクロで見る(感じる)ための外遊び道具だ。

これが、アウトドア女子に人気の『コケ観察セット』。足もとの星である地球を、マクロで見る(感じる)ための外遊び道具だ。

DSC_0646_original

会社を訪れたついでに、工場見学もさせてもらう。がさつなわたくしにはとてもついていけない、光学機器メーカーならではの「精密」な雰囲気が漂っている。

会社を訪れたついでに、工場見学もさせてもらう。がさつなわたくしにはとてもついていけない、光学機器メーカーならではの「精密」な雰囲気が漂っている。

 

ショールームで、双眼鏡の様々を新妻さんにレクチャーしてもらう。ビクセンが主催する観望会へ参加してみたい。

ショールームで、双眼鏡の様々を新妻さんにレクチャーしてもらう。ビクセンが主催する観望会へ参加してみたい。

もう何年も前のことだけど、ムササビウイング(テンマクとのコラボで作ったオリジナルタープ)を作りたいと思ったのは、「ときには星を眺めながら眠る」が動機だった。
その動機を形にすべく、サイズやデザインにとことんこだわったのだった。
ふと、そんなことを思いだした。
ビクセンと共謀して、ムササビウイングの内側に、「天の川と夏の星座、それに満月」を反射材でプリントできないかな。
今度、相談してみよう!

久しぶりに物欲心がうごめいた僕は、いくつかのグッズを購入することに。このトートバッグはもちろん。そのほかに購入したものは、次回更新で紹介しよう。

久しぶりに物欲心がうごめいた僕は、いくつかのグッズを購入することに。このトートバッグはもちろん。そのほかに購入したものは、次回更新で紹介しよう。