男鹿高原の秋を遊ぶ

男鹿高原の秋を遊ぶ

今年も秋の男鹿高原で、『ムササビの夜』が開催された。 二日目の午前中は、自然を覗き歩くショートトレッキングを!

野生(ワイルドライフ)がこれほど身近にあるキャンプ場が、ほかにあるだろうか。先の週末、『ムササビの夜』イベント […]

野生(ワイルドライフ)がこれほど身近にあるキャンプ場が、ほかにあるだろうか。
先の週末、『ムササビの夜』イベントで、栃木県男鹿高原の「ワイルドフィールズおじか」へ行ってきた。
キャンプ場へ入るとすぐに、シカの鳴き声が聞こえてきた。
「ワイルドフィールズおじか」へ着いたな、という気持ちが高まってくる。

今年も『ムササビの夜』が「ワイルドフィールズおじか」で開催されました。みんな、来てくれてありがとう。

今年も『ムササビの夜』が「ワイルドフィールズおじか」で開催されました。みんな、来てくれてありがとう。

キャンプ場のすぐ横を流れる川では、産卵床を作り終えたメスのヤマメがいままさに産卵のときを迎えようとしている。
大きなオスヤマメが、メスに近寄り産卵をうながす。その周りでは、ほかのオスヤマメもそわそわと落ちつかない。素敵なメスが近くにいると、オスは落ちつかないものなのだ。
すぐ上流には、産卵が終わったばかりのメスヤマメが産卵床を守っているらしき様子も。
何時間でも見ていたい光景が、川の中そこここに繰り広げられている。

16musasabi_ojika0226

川底が白くなっているのが、ヤマメの産卵床。しばしフィッシュウォッチングに魅入る。

川底が白くなっているのが、ヤマメの産卵床。しばしフィッシュウォッチングに魅入る。

森の中を歩いてみると、いたるところ動物の痕跡があふれている。
シカやイノシシの足跡や糞。
それに、ツキノワグマの爪痕を木肌に見つけ驚くことも。いくつもの場所に、糞も落ちている。
木の上にはクマ棚と呼ばれる、ツキノワグマが食事をした跡を見つけることもできる。
小さなものに目を向ければ、ネズミやリスなどの痕跡を見つけることもできる。

 随所に見かけたシカのフィールドサイン(糞)。イノシシのものも多かった。食事中だったら、失礼。


随所に見かけたシカのフィールドサイン(糞)。イノシシのものも多かった。食事中だったら、失礼。


ひづめを地面に食いこませてシカが闊歩する。

ひづめを地面に食いこませてシカが闊歩する。


クマの爪痕。ツキノワグマも多い男鹿高原である

クマの爪痕。ツキノワグマも多い男鹿高原である

そうした動物たちを実際に見ることはむずかしい。
うそつきで面倒くさい人間になど、動物たちは会いたくないのだ。
だから、人間の気配がするとすぐに森の奥へ入ってしまう。
が、森に残った足跡や糞や食痕などの痕跡(アニマルトラックとも、フィールドサインとも呼ばれる)は、いろんな場所で見ることができる。
注意深く森を歩けば、野生動物の残したフィールドサインが多いことに気がつくだろう。
数々のフィールドサインから、動物の動きを想像してみると、まるで彼らの生活をのぞき見ているようで、妖しくも楽しいものだ。
やがてはじまるきびしい冬を前に、動物たちはせっせと日々を暮らしているのだ。
「お前も、しっかり生きてるか?」と、問いかけられているようでもある。

16musasabi_ojika0246

子どもたちは、男鹿高原の自然になにを思う?

子どもたちは、男鹿高原の自然になにを思う?

 道なき道を歩いていけば、足はとどまるところを知らない。
男鹿の森は、地面にも、木の上にも、木肌にも、楽しみが隠されている。
目を閉じると、ツキノワグマがのっしのっしと歩いている姿が見えてくる。イノシシは地面に顔を突っ込んで餌をあさっている。
こうして、いつまでも飽きることなく、どこまでも道を踏みはずしてしまうのだ。
(写真=山田真人)

16musasabi_ojika0236

晴天に恵まれた二日目の午前中は、キャンプ場まわりの自然を覗き歩くトレッキング。道なき森を歩いてみる。

晴天に恵まれた二日目の午前中は、キャンプ場まわりの自然を覗き歩くトレッキング。道なき森を歩いてみる。