夏の北アルプスには、なにがある?

夏の北アルプスには、なにがある?

今日まで、装備選びで頭を悩ませた日々だった。 「なにを持っていくかではなく、なにを持っていかないか」 ようやくパッキングが終わったいま、出かけるときがやってきたのだ。

暑い夏がやってきた。 太平洋高気圧は今年も、目いっぱい自己主張をしている。 「みんなも、もっとわがままに生きろ […]

暑い夏がやってきた。
太平洋高気圧は今年も、目いっぱい自己主張をしている。
「みんなも、もっとわがままに生きろよ!」というかのように。
それに呼応して、早朝から蝉が鳴く。
日本の夏だ。

ちょっとばかりがまんができなくなったぼくは、山へ行くことにした。
暑さにがまんができなくなったわけではない。
日々のこの暮らしに、飽きてしまったのだ。

所帯道具はすべてミステリーランチ/グレイシャー(バックパック)へ。ウェットリブをショルダーバッグとして使用。ブーツはオボズ。WILD-1ブランドのコールオブザワイルドのトレッキングポール。

所帯道具はすべてミステリーランチ/グレイシャー(バックパック)へ。ウェットリブをショルダーバッグとして使用。ブーツはオボズ。WILD-1ブランドのコールオブザワイルドのトレッキングポール。

このブログ『外遊び道具考』がリリースされるのは、8月5日(水)。
(更新は、「WILD-1」スタッフにお願いした)
いまぼくは北アルプスの3000メートル級の山域を歩いているはずだ。
ひとりで。大きなバックパックを背負って。iPhoneの電源を切って。
予定どおりであれば、5日(水)は雲ノ平かな。

自由に歩きたいがため、地図は北アルプスを網羅する4枚。それに概念図も。

自由に歩きたいがため、地図は北アルプスを網羅する4枚。それに概念図も。

全行程10日間。少し長くなるかもしれないし、短くなるかもしれない。
じつは、あまりちゃんと予定を組んでないのだ。
折立から入って、雲ノ平へ。そのあとは、自由!
良識ある人は眉をしかめるかもしれないけど、今回の旅は最終目的地を決めず、その日その日に計画をたてよう、と思っている。
あっちにでかい景色が見えたならあっちへ歩き、そっちがおもしろいと聞けばそっちを目指し、こっちへいっしょに行こうと美人が誘ってくれればこっちへ……。
(最後のは、可能性としてはかなり低いだろうけど)
そんな山旅だ。

わが寝室。テントはニーモ/タニLS。寝袋はマウンテンイクイップメントのゼロ300。マットはエクスペド/シンマット7。

わが寝室。テントはニーモ/タニLS。寝袋はマウンテンイクイップメントのゼロ300。マットはエクスペド/シンマット7。

テント泊もあるし、山小屋にも泊まる。停滞もあるだろうし、先を急ぐ日があるかもしれない。雨や雷もあるだろう。嵐がくるかもしれない。山ではいつものことだ。
旅で起こるだろう「やっかいごと」のすべてを予測しても、そんな想像をはるかに超える難渋が待っている。いい旅とはそういうものだ。
だからぼくたちは、出かけていくのだ。

水筒はグランテトラとナルゲン(それぞれ1ℓ)、それにプラティパス(2ℓ)。最大を持ち歩いても合計4ℓでいける、と考えた(というか、これ以上は重くて持ち歩きたくない)。

水筒はグランテトラとナルゲン(それぞれ1ℓ)、それにプラティパス(2ℓ)。最大を持ち歩いても合計4ℓでいける、と考えた(というか、これ以上は重くて持ち歩きたくない)。

ミステリーランチの大きなバックパックを前に、「なにを持っていくかではなく、なにを持っていかないか」。
この言葉をマントラのように唱え、今日まで準備を進めてきた。

台所は、SOTO/ウインドマスターとGSI/ピナクル・ソロイスト。それに椰子の実カップとチタンカップ。予備のガスカートリッジをひとつ。

台所は、SOTO/ウインドマスターとGSI/ピナクル・ソロイスト。それに椰子の実カップとチタンカップ。予備のガスカートリッジをひとつ。


人は食うために生きているのか? 今回も食料が、大いなる荷物となった。クリフバーの行動食に、フリーズドライ各種。それにラーメン。また、選択肢のない食生活がはじまるのだ。

人は食うために生きているのか?
今回も食料が、大いなる荷物となった。クリフバーの行動食に、フリーズドライ各種。それにラーメン。また、選択肢のない食生活がはじまるのだ。

次回8月19日(水)更新で、旅の顛末を報告できるかもしれない。
それに雑誌『TRAMPIN’(トランピン)』(地球丸)でも、この縦走旅の話を書く予定だ。
ただし、原稿化するのは、明日からの縦走がおもしく、かつうまくいったときのことなので、もしなんらかの理由で旅が大失敗に終わったときは、どこにも発表しない。
なので、つぎのブログでぜんぜん違うことを書いていたなら、「なにかまずいことでもあったのかな?」と、そっとしておいてください。

行ってきます!

オボズのブーツは遊び心が詰まっている。ソールに、コンパスとともに、アメリカ・ワイオミング州のディンウッディグレイシャーの地図が描かれている。うっかり見入ってしまった。

オボズのブーツは遊び心が詰まっている。ソールに、コンパスとともに、アメリカ・ワイオミング州のディンウッディグレイシャーの地図が描かれている。うっかり見入ってしまった。

RIMG0166

ぼくは、靴ひもをひっかける金具を、ペンチではさんで幅を狭くして使っている。以前、右足のこの金具に、左足の靴ひもが引っかかって転んだことがある。平坦な道だったからよかったが、きわどい稜線でしかも荷物が重かったら、と考えるとぞっとする。

ぼくは、靴ひもをひっかける金具を、ペンチではさんで幅を狭くして使っている。以前、右足のこの金具に、左足の靴ひもが引っかかって転んだことがある。平坦な道だったからよかったが、きわどい稜線でしかも荷物が重かったら、と考えるとぞっとする。