カテゴリー:野外考 

シーカヤックは、どうしてフリーダムマシーンと呼ばれるのか

シーカヤックは、どうしてフリーダムマシーンと呼ばれるのか

カナダでは、シーカヤックのことを『フリーダムマシーン』と呼ぶ人がいる。 カヤックに乗ると、僕はいつもその言葉を思い描く。

 南の島で寝転んでいると、世のよしなしごとなどどうでもよくなってくる。  おっと……。  前回と同じ書き出しに […]

続きを読む »

シーカヤック旅と焚き火の素敵な関係

シーカヤック旅と焚き火の素敵な関係

南の島で寝転んでいると、世のよしなしごとなどどうでもよくなってくる。 しかも、そこに焚き火あればなおさらだ。

 僕は、いまだ地面にじかに焚き火をしたいと思っている「不埒」な人間である。焚き火台など使わずに。  いや、もち […]

続きを読む »

キャンプの朝の偶然

キャンプの朝の偶然

朝起きたとき、目に飛び込んでくる景色がある。 そしてそれがずっと忘れないこともある。 さて、今日はどんな一日がはじまるのだろう。

 朝早く目が覚めると、藍色の染料を流しこんだかのような空気があたりを包んでいた。息を吸い込むと、そのまま胸まで […]

続きを読む »

ムササビ巣箱大作戦

ムササビ巣箱大作戦

「夜空を滑空するムササビが見たい」という単純な発想からはじまったムササビネスト・プロジェクト。 この大作戦は、これからどこへ向かうのか……。

 ムササビなど木の洞をねぐらとする動物は、現在の日本では住宅難で苦しんでいる。  大きな木が、森からどんどんな […]

続きを読む »

雲が、呼ぶんだよ

雲が、呼ぶんだよ

遠くの山を眺めていたら、雲の動きが気になってきた。 またまた、外遊びの季節がやってきたのだ。 「空を眺める生活をしろ!」と、でっかい雲が僕を呼んでいるのだ。

 都会で暮らしているときの僕は、その日の風向きを気にすることはない。天気予報は、新聞やインターネットから知り、 […]

続きを読む »

長野修平さんと『テンマク・フェス』で!

長野修平さんと『テンマク・フェス』で!

『テンマク・フェスティバル』での長野修平さんとの対談は、予定時間を大幅にオーバーして延々と話し込んでしまった。 すべてはここに書ききれない。 ほんの一部を、紹介します!

 まずは、もの作りの話から。 堀田貴之 修平さんが家にコンポストトイレを作ったと聞いたので、ついこの間、トイレ […]

続きを読む »

『テンマク・フェス』で、ホッタサンド

『テンマク・フェス』で、ホッタサンド

東京郊外の昭島市で『テンマク・フェスティバル』なるものが開催された。 テンマク商品の展示・販売。それに開発コラボレーターたちが集まるというイベントである。

 春が来て浮足立っているのは、僕だけではなかったのだ。  ワイルドワンのガレージブランド「tent-Mark( […]

続きを読む »

『外遊び』の春がやってきた

『外遊び』の春がやってきた

春の到来である。 浮足立った日々を送っている僕が、さらに浮遊する季節だ。 日本の四季に感謝しながら。

 3月初旬は、まだまだ中途半端な季節である。春かと思えば、一転して冬の気圧配置になることも。  しかも、山には […]

続きを読む »

世界一のホットサンドコンテスト

世界一のホットサンドコンテスト

今年も、ホットサンド世界一を決めるコンテストを開催することができた。 10月の『ムササビの夜』でのこと。 キャンプ場「ワイルドフィールズおじか」で、熱い熱いホットサンドコンテストが開かれたのだ。

 地球上のどこを探しても、ホットサンドコンテストなどという酔狂なことをやっているところはないだろう(たぶん)。 […]

続きを読む »

『ムササビの夜』でのムササビウイング

『ムササビの夜』でのムササビウイング

秋の恒例イベント『ムササビの夜』を今年も「ワイルドフィールズおじか」で開催できた。 またまた多くの人が集まってくれたのだ。 ムササビウイングを作ってよかったな、と思えるひととき。 みんな、ありがとう。

 古い話になってしまうけど、アラスカのキーナイ半島のトレイルをひとり歩いていたときのこと(もう、25年ほど前の […]

続きを読む »