カテゴリー:トレッキング

スーパーフィートは、足の下の力もち

スーパーフィートは、足の下の力もち

いつの時代も、どんな場面でも、「縁の下の力もち」たちががんばっている。 ぼくの靴の中にも、「Backseat Player」がいる。

 TVのサッカー中継で、「Backseat Player」という言葉を聞いたことがある。  直訳すると「後部座 […]

続きを読む »

夜越山で、雪遊び

夜越山で、雪遊び

雪に覆われたウラヤマを歩くと、アニマルトラック(動物の痕跡)に囲まれる。 それらをじっと眺めていると、雪原を闊歩する生き物たちの息吹が聴こえてくるのだった。

 青森県東津軽郡平内町に、夜越山という山がある。  標高は175m。「丘」と呼ぶほうがいいかもしれないけど、海 […]

続きを読む »

男鹿高原の秋を遊ぶ

男鹿高原の秋を遊ぶ

今年も秋の男鹿高原で、『ムササビの夜』が開催された。 二日目の午前中は、自然を覗き歩くショートトレッキングを!

野生(ワイルドライフ)がこれほど身近にあるキャンプ場が、ほかにあるだろうか。先の週末、『ムササビの夜』イベント […]

続きを読む »

ソレルが出番を待っている

ソレルが出番を待っている

暖冬の日本である。 が、僕の部屋にはすぐにでも雪国へ出たがっている道具がいっぱいある。 ソレルのカリブーもそのひとつだ。

 日本語イディオムに、「足もとを見る」という言葉ある。 「弱みにつけこむ」といったような意味だ。  野暮を承知 […]

続きを読む »

「火遊び」道具!

「火遊び」道具!

この季節になると、各メーカーから来年の新商品がいろいろと発表される。 10年前の新製品も知らない僕が、たまに展示会へいくと、頭の中は「驚き」マークでいっぱいになる。 今回は、そんな展示会で見かけた気になるグッズを!

 名人の「焚き火」は、ときとして芸術作品である。  薪の置き位置が絶妙で、空気の流れに無理がない。炎が美しいの […]

続きを読む »

暖衣飽食の日々から逃れて

暖衣飽食の日々から逃れて

いくら歩いても、人は煩悩を捨てることができない。 北アルプス縦走ひとり旅は、またまたそんなことを教えてくれたのだった。

「ゆっくり歩めば、遠くまで」とうたいながら、目の前にどこまでも続く長い長い道をひとりで歩いている。 「なにも考 […]

続きを読む »

夏の北アルプスには、なにがある?

夏の北アルプスには、なにがある?

今日まで、装備選びで頭を悩ませた日々だった。 「なにを持っていくかではなく、なにを持っていかないか」 ようやくパッキングが終わったいま、出かけるときがやってきたのだ。

暑い夏がやってきた。 太平洋高気圧は今年も、目いっぱい自己主張をしている。 「みんなも、もっとわがままに生きろ […]

続きを読む »

ぼくが山でアロハを着るほんとうの理由

ぼくが山でアロハを着るほんとうの理由

ちょっとばかりしんどい山旅では、ウェアや道具選択はどうしても機能優先となる。 それでも、小さな抵抗を試みる。 旅を、より豊かなものとするために!

 山でも町でも、海でも川でも、「好きなものを着ればいい」とぼくはつねづね思っている。  自分がいちばん好きなウ […]

続きを読む »

両手を自由にして、出かけてみると

両手を自由にして、出かけてみると

しっかり者のバックパックと、頑強なブーツを手に入れたなら、世の中とは逆方向へ向かうトレイルを歩いていこう。 長い長い旅へ出ようじゃないか!

 大きなバックパックにテントやストーブ、食料などなどを詰めて山へと続くトレイルをひとり歩くと、圧倒的な自由さが […]

続きを読む »

ウラヤマで革命家を気取る

ウラヤマで革命家を気取る

ウラヤマもまた、ブルース(憂鬱)を抱えている。 都会に近い分だけ、人間同様、しんどいのかもしれないな。 でも、ウラヤマには宝物がいっぱい埋まっているのだ。

 立春はとっくに過ぎ去ったのに、寒い日々がつづいている。  とはいえ、西高東低の冬型気圧配置がばっちり決まると […]

続きを読む »